温活をはじめよう

温活は、基礎代謝を高め、平均体温を上げて

​健康維持増進を行います。温活の正しい知識と

​技術を学んで、一生ものの美と健康のスペシャリストに!

日本温活協会について

日本温活協会は、温活の基本的な知識から、冷え性による健康への影響についてわかりやすく伝え、温活指導士(任意資格)を養成し、皆さんのセルフメデュケーションに対する認識、そして健康寿命を伸ばすために貢献をしていきます。

​概要

「現代の日本人の平均体温は、60年前に比べ約0.7℃下がっていると言われています。

体温が1度下がると免疫を司る白血球の働きが30%以上ダウンし、さらに35度ではガン細胞は最も増殖する性質があるとされています。

基礎代謝を高め、平均体温を上げることが健康維持増進につながります。

また東洋医学では「冷えは万病のもと」と考えられています。
身体の冷えを取りさり平常の状態に保つことにより、未病治(病気にならない身体づくり)を行っていくことができます。

当協会は、西洋医学、及び東洋医学の考えに基づき、冷え症、すなわち基礎代謝・平均体温の低下における生体機能の変化と疾病の関連について調査・研究し、それらを国民が正しく理解できるよう提唱していきます。
さらに、それらの知識について指導をしていく温活指導士(任意資格)を養成していきます。そのことにより国民のセルフメディケーションに対する認識、健康寿命の延伸(健康の維持・増進)に寄与してことを目的とします。

​資格制度

温活の専門の知識や技術を身に付けるための、温活士、温活指導士養成セミナー・試験を実施

​温活士

●内容・取得条件
一般社団法人日本温活協会が主催するカリキュラムを受講し、認定試験に合格する事で与えらる温活に関する専門家の資格で、温活に関する一定のレベルの知識•技術を身につけていることを認定される。
温活士は温活に関する各種セミナーの開催、またメディアへの情報提供を通じて国民のセルフメディケーションへの意識を高め、健康寿命の増進に寄与していく。

●科目
温活総論、ミトコンドリアの生理学、東洋医学概論、漢方、食養生、入浴法、灸法、睡眠法、体操法

●特典
ディプロマの発行、及び協会ホームページ及び各種関連ツールに情報を掲載し、集客及び業務マッチングの支援が得られる。

​温活指導士

●内容・取得条件
一般社団法人日本温活協会が主催するカリキュラムを受講し、認定試験に合格する事で与えらる温活に関する専門家の資格で、温活に関する多面的で高度な知識•技術を身につけていることを認定される。
一般社団法人日本温活協会が主催する各種セミナーの講師を務め、健康に関する正しい知識•技術を国民に伝える。さらに温活士を養成する「温活士養成講座」を全国各地で開催、認定を行い広く国民の健康増進に寄与する。

●科目
分子細胞生物学、栄養学、生理学、腸内における微生物学、免疫学、睡眠学、温泉医学、放射線と赤外線における電磁気学、四診総論、東洋医学臨床実技

●特典
ディプロマの発行、及び協会ホームページ及び各種関連ツールに情報を掲載し、集客及び業務マッチングの支援を致します。
温活士養成セミナーの講師を務めることができ、収益を得ることができる。

​※温活士資格取得者のみ受講可能となります。

​受講料

​温活士

セミナー受講料:33,000円(税込)

年会費:5,500円(税込)
    ※毎年3月31まで(現在ご加入頂くと2022年3月31日まで会員資格が得られます)
テキスト代:5,500円(税込)→ 4,400円(会員割引)(税込)